登录名: 密码: 忘密码了
    设为主页 |  关于我们 | 联系我们  
共に精確な「細密画」を描く
日期: 2019/04/24 14:31 阅读: 255
来源:人民日報
鐘声

各方面が熱く期待する第2回「一帯一路」国際協力サミットフォーラムが今月下旬に北京で開催される。中国にとって今年最も重要なホームグラウンド外交であり、全世界の注目する盛大な国際会合でもある。少なくとも40人近くの外国指導者、100余りの国と国際組織の各界代表数千人が参加し、「『一帯一路』共同建設、素晴らしい未来を切り開く」とのテーマをめぐり、心と力を結集する。これは「一帯一路」建設の推進が「大まかなデッサン」から「細密画」へと踏み出す重要な節目となる。(人民日報「鐘声」国際論評)

2017年5月に同じく北京で開催された第1回「一帯一路」国際協力サミットフォーラムはその先駆性、高いグレード、豊富な成果によって、世界の参加者の記憶に深く残った。第1回サミットフォーラムは「一帯一路」の今後の協力の方向性を明確にし、「一帯一路」建設の具体的ロードマップをまとめ、「一帯一路」の実施する重点プロジェクトを定め、「一帯一路」共同建設の素晴らしい未来を描いた。

第1回サミットフォーラム以降、「一帯一路」構想はさらに深く人々の心に浸透した。「一帯一路」建設協力のウィンウィンの成果を目の当たりにし、「一帯一路」建設が各国の発展戦略と高度に符合することを目の当たりにし、世界経済の成長のために新たな原動力を掘り起こし、新たな空間を切り開くという「一帯一路」建設の積極的な効果を目の当たりにする国々が増えていった。すでに120以上の国や30の国際組織が中国と「一帯一路」共同建設協力文書に調印した。このうち過去2年間に調印されたものが半数を占める。国連のグテーレス事務総長は第1回サミットフォーラムで「『一帯一路』構想は巨大な潜在力を備え、世界全体に恩恵をもたらすことができる」と表明した。今や、こうしたビジョンは日増しに現実のものとなってきている。

第1回サミットフォーラム以降、「一帯一路」建設は質の高い発展へと邁進し続けた。第1回サミットフォーラムでの5大分野76項目270件余りの成果はすでにほぼ全て実行に移され、政策の意思疎通、インフラ施設の連結、貿易の円滑化、資金の調達、民心の通じ合いの各分野で、「一帯一路」共同建設のために十分な原動力を注入した。中国が第1回サミットフォーラムで発表したシルクロード基金の増資、「一帯一路」自由貿易ネットワークの構築、「一帯一路」科学技術革新行動計画の始動といった、「一帯一路」共同建設を支える措置は、すでに実行されたか、現在秩序立てて進められている。中国を含む28カ国が共同策定した「『一帯一路』融資指導原則」、中国と国連環境計画の構築した「一帯一路」グリーン発展国際アライアンス、中国の打ち出したエネルギ協力のビジョンと行動、海上協力構想などによって、「一帯一路」協力は基礎が固められ続けている。

一国主義と保護主義の台頭する国際情勢の下、世界経済の成長率予測が再び引き下げられた国際的背景の下、国際社会は「一帯一路」協力強化への期待を高めている。パキスタン・イスラマバード衝突解決研究所の所長が期待するように「世界は経済と文化の相互連結を通じて持続可能な発展を実現する良策を差し迫って必要としており、世界が経済的配当を分かち合う『一帯一路』構想がこのプロセスにおける聖火ランナーとなる」のだ。

「一帯一路」国際協力サミットフォーラムを制度化して、さらに多くの国々が「一帯一路」建設に参加するためのチャンスと場を提供することを、第1回サミットフォーラムの参加各者は共通して望んだ。さらにグレードが高く、規模が大きく、活動が豊富な第2回サミットフォーラムは、「一帯一路」への支持が国際社会の主流であり、協力が主たる基調であり、チャンスと見るのが主旋律であることを十分に物語っている。

「一帯一路」建設は世紀のプロジェクトであり、各者がシルクロード精神を受け継ぎ、「共に話し合い、共に建設し、共に分かち合う」原則を基礎に互いに努力する必要がある。「一帯一路」建設を平和の道、繁栄の道、開放の道、エコの道、イノベーションの道、文明の道とする。これは人類共通のふるさとのために素晴らしい未来を計画することだ。

https://www.chubun.com/modules/article/view.article.php/c161/182026
评分
10987654321
会社概要 | 广告募集 | 人员募集 | 隐私保护 | 版权声明
  Copyright © 2003 - 2020中文产业株式会社 版权所有