登录名: 密码: 忘密码了
    设为主页 |  关于我们 | 联系我们  
平和的発展の道を広げていく
日期: 2019/04/24 13:55 阅读: 241
来源:人民日報

人民日報「鐘声」国際論評

「一帯一路」建設は平和と安寧へのわれわれの期待を担っており、国家間の関係を近づける絆となり、各国の人々が共同で助け合い、各国が尊重し合い、信頼し合い、共に和やかなふるさとを築き、平和な世界を建設することを可能にする。習近平国家主席は2年前の第1回「一帯一路」国際協力サミットフォーラムで、平和的発展についての深遠な考えを明らかにした。「一帯一路」を平和の道とすることが、各者共通の心の声となった。第2回「一帯一路」国際協力サミットフォーラムが約束通り開催されようとしている。100カ国以上の代表数千人が北京に集まり、平和的発展の青写真を共に描き、平和的協力の大計を共に話し合う。これが平和の声をさらに遠くまで伝え、平和的発展の道を広げていく重大な契機であることに、世界は注目している。(人民日報「鐘声」国際論評)

人類は平和を永遠に追い求めている。平和的発展を堅持し、手を携えて協力して初めて、二国間・多国間のウィンウィンを真に実現できることを、歴史と現実は繰り返しわれわれに伝えている。古代シルクロードが国や文明の違いを乗り越えて繁栄できたのは、開拓者が用いたのが軍馬と武器ではなく、ラクダと善意だったからだ。強大な海軍ではなく、財物を載せた船と親善を拠り所としたからだ。千年を通じて、平和的協力が常にシルクロード精神の重要な構成要素だった。中国は「一帯一路」構想を打ち出し、「一帯一路」国際協力を推進している。これは平和的協力の精神の継承であり、調和的に発展するふるさとを共同で築くためだ。

「一帯一路」共同建設は、協力による平和の促進に資する。現在、国際情勢に深く複雑な変化が生じ、冷戦思考、ゼロサムゲーム、一国主義が台頭し、伝統的な安全保障上の脅威と非伝統的な安全保障上の脅威が入り交じっている。国際社会が安全保障上の試練に対処し、平和と発展を維持するために力を合わせることが差し迫って必要となっている。力を合わせれば共通の建設事業の中で強大化できるのは間違いない。「一帯一路」共同建設は対立ではなく対話、同盟ではなくパートナーシップ、相互学習・相互参考という国家間交流の新たな道を歩み、発展戦略の連携を通じて利益の融合を促進し、国家関係に潤滑剤を与えることで、対立と角逐のリスクを減らす。パキスタンのアジズ元首相が述べたように「長期的な相互接続と相互依存の構築こそが、恒久的平和の真の推進力」なのだ。

「一帯一路」共同建設は発展による平和の実現に資する。平和なくして、発展は語りようもない。発展なくして、平和も持続は難しい。不均衡な発展、不十分な発展という試練は依然広範に存在し、衝突、わだかまり、混乱を引き起こす深層の原因となっている。米クーン財団のロバート・クーン会長は「世界の平和と繁栄にとって途上国、特に後発開発途上国の建設に差し迫って必要なインフラよりも重要なことはない」と指摘した。「一帯一路」共同建設は、それを必要とする国や地域に道路、貿易、発展のチャンスをもたらす。これは貧富の格差や南北格差を縮小し、貧困と不通のもたらす不安定化リスクを減らす助けとなる。ガイアナのラモター前大統領は「もしわれわれが世界の大部分の衝突と争いは貧困と不公平に源を発すると考えるのなら、『一帯一路』を共同繁栄と世界平和を促進する構想と見るべきだ」と指摘した。

「一帯一路」共同建設は「共に話し合い、共に建設し、共に分かち合う」ことで平和を維持することに資する。協力の過程で違いや溝が生じるのは免れがたいことであり、相互尊重を基礎に、共に確認した原則に従い、適切に意思を疎通し、溝を処理することが肝要だ。「一帯一路」共同建設は開かれた協力プラットフォームであり、地政学的角逐の算盤勘定はせず、閉鎖的・排他的な小グループをつくらず、他者を支配する取引強要はしない。本質的に言って、「共に話し合い、共に建設し、共に分かち合う」の「一帯一路」自体が多国間主義のプロセス、国際関係民主化の実践であり、グローバル・パートナーシップの構築を通じて、一国主義に脅かされている国際社会により多くの安全感をもたらすことができる。

志を同じくする者は自然と寄り集まる。第2回「一帯一路」国際協力サミットフォーラムは、引き続き平和的協力の大任を担う。各者が誠心誠意平和の道を手を携えて共に歩み、共通認識の力を結集し、行動の力を強大化し、「一帯一路」を共同建設すれば、必ず各国の人々に幸福をもたらすことができる。
https://www.chubun.com/modules/article/view.article.php/c161/182025
评分
10987654321
会社概要 | 广告募集 | 人员募集 | 隐私保护 | 版权声明
  Copyright © 2003 - 2020中文产业株式会社 版权所有