登录名: 密码: 忘密码了
    设为主页 |  关于我们 | 联系我们  
気象局局長:中国の気象衛星は世界にサービスを提供
日期: 2019/03/15 10:25 阅读: 124
来源:人民日报
人民日報 孟祥麟

中国気象局の劉雅鳴局長は3月8日、北京市の人民大会堂の「部長通路」で、「中国気象局は世界の気象業務の発展に力を入れ、グローバルモニタリング、グローバル予報、グローバルサービスを提供していく。これと同時に、ビッグデータなどの新技術を利用して人々に世界の任意の場所、任意の時間の、スマート化され、絞り込まれた『スマート気象サービス』を提供する」と述べた。

劉局長は、「現在、中国の気象衛星『風雲』8基が軌道を運行し、得られた資料は社会と世界で共有されている。『一帯一路』(the Belt and Road)沿線国にサービスを提供するため、『風雲』の軌道配置を調整し、衛星の観測範囲が『一帯一路』沿線国をカバーする上でプラスになるようにする。こうした国で深刻な自然災害が発生した場合、必要に応じて暗号化された観測サービスを提供する」と述べた。

また劉局長は、「地球温暖化を背景に、中国の気候の状況は全体として複雑で変化の多いものになり、極端な天候が起こりやすい。今年に入ってからも、エルニーニョ現象の影響で、南方のほとんどの地域は降雨量が非常に多かった。今年の増水期の降雨分布は南方が多く北方が少なくなり、江淮地域と江南地域は降雨量が多くなり、北方地域は乾燥気候が出現して降雨量は少なくなる可能性がある。気象部門はモニタリング、検討、予報を一層強化して、国民経済の建設と人々の役に立つサービスを提供していく」とした。


 
3月8日、第13期全国人民代表大会(全人代)第2回会議は北京市の人民大会堂で第2回全体会議を行った。写真は中国気象局の劉雅鳴局長が「部長通路」で質問に答える様子。新華社より



2018年3月22日、河北省秦皇島市海港区の工人北里コミュニティで、自動気象ステーションの原理を学んでいる住民と河東小学校の生徒。(撮影:曹建雄/人民図片)



2018年3月22日、河北省秦皇島市海港区の工人北里コミュニティで、自動気象ステーションの原理を学んでいる住民と河東小学校の生徒。(撮影:曹建雄/人民図片)


 
2018年3月16日、中国南通気象博物館で、現代気象展を見学している江蘇省南通市の五里樹小学校の生徒と天和コミュニティの住民。(撮影:徐培欽/人民図片)


 
2018年3月17日、山東省聊城市陽谷県気象台の職員が小学生に気象についてレクチャーしている様子。(撮影:肖明磊/人民図片)
http://www.chubun.com/modules/article/view.article.php/c5/181302
评分
10987654321
会社概要 | 广告募集 | 人员募集 | 隐私保护 | 版权声明
  Copyright © 2003 - 2016中文产业株式会社 版权所有